コソダテノート

コソダテノートについて、はじめての出産・育児をするパパとママと赤ちゃんのための参考になるノート。


子育てノート

コソダテノートについて、はじめての出産・育児をするパパとママと赤ちゃんのための参考になるノート。

「出産祝いで悩まない!出産祝いで貰って嬉しい子育てに役立つアイテムトップ3」

出産祝いを渡すとき何をあげれば喜んでもらえるかは意外に迷います。出産経験者でも目の前に育児に忙しくて何が嬉しかったかが結構分かりづらいところです。友達に子供が出来た時に出産祝いを渡す際に何がいいかを夫婦で話し合いました。その中で我が家で本当に貰って助かった出産祝いアイテムトップ3を紹介します。

出産祝いは後になって役立つものを渡す

出産祝いを選ぶ時に思った事があります。相手の立場になって考える、自分の赤ちゃんが産まれる前に生まれた時の事を考えるとオムツや哺乳瓶に粉ミルク、おしり拭きに服などすぐに必要な物は購入しています。
特にオムツは消耗品で沢山あれば嬉しいですが、親族から大量に購入してくれたりします。そのため赤ちゃんが成長するにつれて、小さいサイズのオムツは不要に貰い過ぎると困ります。

子育ては、直近の事を考えて準備しますが、先の事を考えて行動するのは結構難しいです。先の事より目の前に育児に集中するので、成長によって必要になるものを貰える方が非常に嬉しいです。

我が家で貰って嬉しい出産祝いアイテムトップ3を紹介します。

1.布えほん

赤ちゃんは成長するにつれていろいろな物に興味がでます。興味が増えることで、興味がない物だと泣くようになりました。
泣くことが増えた赤ちゃんを喜ばせるために半年前に貰った出産祝いの「布えほん」を使うと笑顔で遊んでくれました。布えほんを活用してからは、一人で遊ぶようになり、洗濯やご飯を作るときに泣くことが非常に少なくなりました。紙の絵本だと誤飲の恐れがありますが、布えほんだと誤飲の心配がないのと音が鳴るので赤ちゃんの好奇心を旺盛にしてくれます。

生後6ヵ月から布えほんを使いました。生後6ヵ月の時期の赤ちゃんは、物を掴んでは口にいれます。口に入れた布えほんはもちろん赤ちゃんのヨダレでベトベトですが、布えほんなので洗濯する事が可能なので非常にありがたいです。

2.スタイ


出産祝いに、まあるいよだれかけ【MARLMARL】

私の子供はヨダレの量が凄かったので、服がベトベトで時間が経つと臭うので、肌荒れが目立ったため、出産祝いで貰ったスタイを使いました。スタイは結構な数貰いましたが、通常のスタイだと前に付けていたのに気が付いたらスタイが後ろに移動していて、マントみたいになっていました。

貰ったスタイの中で一際活躍していたのが、マールマールのスタイです。マールマールのスタイは普通のスタイより少し大き目で丸い形です。マフラーのように首にすっぷりハマる丸い形なので激しく赤ちゃんが動いてもスタイは常にヨダレをキャッチできる状態です。

3.ストローマグ


ストローマグ - キャット

ストローマグを2つほど貰いました。離乳食が始まり、ミルクや母乳以外で水分補給をするためとストローで吸うための練習として使用するストローマグ。ストローマグの悩みは、いつ購入していつから使うか結構迷います。

悩んでいる時は中々行動出来ませんが、出産祝いとしてストローマグを貰っている状態なら、ちょっと使ってみようと試しにすぐに使用する事ができるのでありがたかったです。

最初はストローを噛むかなと思いきや自然と吸うという事をしてお茶を飲んでくれました。ミルクよりお茶の方が好きなので、お風呂上りに少しお茶を上げた後でミルクをあげています。ただストローマグは勢いが良いので、ドバっと口から零したり、むせる事があるのでしっかり赤ちゃんから目を離さないようにしてください。あとスタイを付けてストローマグを飲ませる事でスタイがお茶をキャッチしてくれるので服の洗濯物の数は増えません。

出産祝いを簡単に選ぶ!出産祝いで貰って嬉しいアイテムトップ3まとめ

出産祝いは基本どのアイテムを貰っても嬉しいです。その中で子育てに役立つアイテムは3つでした。子育てをする際に将来必要になるものより、今すぐに必要な物を購入するので、出産祝いで渡す物はいつか使う可能性があるものを渡す方が良いかと思います。

将来使う出産祝いアイテムを貰うと後になってから貰って良かったと実感できます。夫婦で話し合った結果、子育てに役立つ出産祝いは紹介した布えほん、スタイ、ストローマグでした。貰って嬉しい子育てに役立つ出産祝いは、家庭によって十人十色ですが、私たち夫婦が貰って嬉しかったものは今回3つあげました。出産祝いを渡す際の参考になれば幸いです。