コソダテノート

コソダテノートについて、はじめての出産・育児をするパパとママと赤ちゃんのための参考になるノート。


子育てノート

コソダテノートについて、はじめての出産・育児をするパパとママと赤ちゃんのための参考になるノート。

「1歳未満の赤ちゃんの平熱の測り方と高熱時の症状と対処法」

1歳未満の赤ちゃんの平熱の測り方と高熱時の症状と対処法

赤ちゃんの平熱は大人より高めの温度になっています。大人と違いどんどん体が成長している影響で熱を発しているのと体温調節がまだまだ上手に出来ません。
赤ちゃんの成長は個体差があるように平熱にも個体差があります。赤ちゃんの平熱の測り方と高熱時でも大丈夫な時とそうでない時の判断が出来るように知識を付けておく必要があります。

赤ちゃんの平熱の基本情報

赤ちゃんの平熱はだいたいが36.5~37.5度ほどありますが、あくまでもだいたいの数値です。赤ちゃんの体温の基本情報がない場合は、問題がないのに病院に行くようになったり、不安で安心できない状態になります。ママは安心して子育てをできるように知識をしっかり身に付きましょう。

赤ちゃんの中には38.0度や39.0度でも元気な子もいます。逆に体温が低い場合は低体温なので体温を下げないようにする必要があります。赤ちゃんの体温が低い場合は内臓機能に悪影響を及ぼすので、高すぎるより低すぎる方に注意する必要があります。体温を測ると36.4度や36.0度といったように一定の体温でない場合がほとんどです。赤ちゃんは体温調節がまだ上手にできないので部屋の状況や赤ちゃんの状態によって体温がすぐに変化します。

赤ちゃんがいる家庭に1冊基本的な子供の病気辞典を準備しておきましょう。

赤ちゃんの平熱の測り方

赤ちゃんはまだ体温調節が出来ないので、体温が一定ではないなので、どの体温が正しいか判断しづらいので、一日3回から4回の平均で平熱を判断します。赤ちゃんは興奮したり、周りの温度が高いとその影響を受けます。
そのために複数回体温を測る事で赤ちゃんの体の状態を把握します。

赤ちゃんは興奮した状態で39.0度であっても機嫌が良くて母乳やミルクを飲む場合は大丈夫です。ただずっと39.0度が続くき、ぐったりしたり、おしっこの回数が減ると注意が必要です。

赤ちゃんの体温にそこまで神経質になる必要もないので、毎日お風呂に入る前の時間帯で1回だけ測り、平均体温以内かどうかを判断していても大丈夫です。毎日測り、平熱より高熱で明らかに様子がおかしいようであればすぐに小児科のある病院に行ってください。病院に行くかどうかで迷う必要はありません。不安ならすぐに病院に行き、お医者さんに赤ちゃんの状態についてレクチャーを受けて今後のために学ぶ事で次に活かせます。

高熱の症状

高熱の症状で明らかな危険な状態を判断するための材料は4つあります。

  1. 機嫌が悪い状態がいつもより長く、後半ぐったりする
  2. おしっこの回数が減る、出ない
  3. 急激な体温の変動
  4. ミルクや母乳の飲みが低下する

母乳やミルクをあまり飲まず、体温が急激に変化したり、泣きもせずぐったり、おっしこが出ない場合はすぐに病院に行ってください。赤ちゃんは泣く事がメインで泣く事で伝えようとしますが、泣くことも少なるのは体力が低下してます。そしておしっこが出ない状態は脱水症状が重症化している可能性があります。
更に、顔色が悪かったり、痙攣し、ぐったりしているようであれば合併症の可能性もあるので、何度も言いますが、迷うようであれば病院に行ってください。いろいろ分かっていても、答えが明確ではなく、判断が難しいのであれば、お医者さんに状態を判断できるレクチャーしてもらってください。

赤ちゃんが高熱であっても冷静な対処

赤ちゃんが高熱だと判断し、焦ってしまい訳が分からない状態になるママが意外に多いです。先に挙げた4つの状態が続くようであれば病院に行きましょう。
様子を見る際、どこまで様子を見ればいいかの判断が難しく焦ってしますね。赤ちゃんは高熱から急に下がり、元気になったりするので非常に難しい所です。4つの状態が1日から2日以上続くようであれば病院に行くべきですし、3回目ですが、迷うのであれば病院に行ってください。病院に行くたびに知識が付き、安心する事ができます。

高熱と思った時の対処法

対処法は至って簡単です。「温度を下げる」事です。温度下げるタイミングは赤ちゃんが高熱で汗をかく状態であれば実施てみるのが良いでしょう。
熱冷シートを使うのもありですが、たいてい赤ちゃんは顔に何かを触れると嫌がるのでおでこであっても嫌がるので難しいかもしれません。おでこを冷やすのは、直接的に熱を下げるのではなく、気持ちを休めるためにします。
熱冷シートで気持ちを落ち着かせて、次に直接体温を下げる場所は脇の下が最適です。

ただし、熱冷シートは張って終わりというのは赤ちゃんにとって非常に危険な事になります。赤ちゃんの場合はしっかり注意する必要があります。その理由は、熱冷シートがおでこから口にずれてしまうだけで赤ちゃんは呼吸が出来ません。熱冷シートを使う場合はママとパパが寝る時に使用を避けるのとしっかり見ておく必要があります。リスク避けるのであれば、使わない方がいいでしょう。

濡れたタオルの水を絞り、人肌より少しだけ冷たい状態のを使うと良いでしょう。急激に下げる行為は赤ちゃんには悪影響なので徐々に下げるぐらいの気持ちで実施しましょう。あとはしっかり水分を補給してあげましょう。

赤ちゃんの高熱は判断がしづらいので基本的に様子がおかしく、不安であるようならばすぐに小児科へ行く事。対処法や状況を見極められるようにならば家で出来る事を実施し、1日~2日上高熱が続くようであれば病院に行くようにしましょう。