コソダテノート

コソダテノートについて、はじめての出産・育児をするパパとママと赤ちゃんのための参考になるノート。


子育てノート

コソダテノートについて、はじめての出産・育児をするパパとママと赤ちゃんのための参考になるノート。

「赤ちゃんの湿疹(乳児湿疹)の原因とケア方法」

赤ちゃんの湿疹の原因とケア方法

赤ちゃんは体温調節が上手に出来きません。赤ちゃんの肌は薄くて敏感なため肌を守る機能はまだまだ弱いので「皮膚の表面上が炎症を起こす」湿疹が出やすいです。
赤ちゃんの湿疹の原因と湿疹のケア方法をしっかり覚えておくことで対処する事が出来ます。

赤ちゃんの湿疹について

赤ちゃんはいろいろな事が次々におきます。赤ちゃんの肌トラブルは目に見えて分かるので、すぐに対処しやすいですね。
湿疹は「皮膚表面の炎症」で湿疹は「皮膚炎」とも言われます。湿疹を完全に予防する事は難しいですが、ケアをする事で湿疹を出にくくする事は可能です。1週間ちょっとで良くなっていき、3週間から1か月も経てば完治しているでしょう。あまりにも長引く場合は、病院で診てもらいましょう。そして心配で仕方ない人は病院で医師からアドバイスを貰らいましょう。

赤ちゃんの湿疹ができる時期

赤ちゃんの湿疹は出生後から1歳頃の時期に多くみられます。
出生後の湿疹は赤く腫れたニキビのようなものが出来ますが、すぐに治ります。
3か月から1歳までに皮脂がなくなり肌の潤いがなくなるので肌が乾燥しやすくなります。湿疹が出来るとかゆくなります。かゆい部分を爪で掻き毟ったりして、肌を傷つけて更に雑菌が入りやすい状況になります。
1歳頃は年齢とともに赤ちゃんの肌は強くなるので強くなるまでしっかりとしたケアが必要です。湿疹が出来たままで長引いたり、ひどくなるようであれば、小児科で見てもらってください。

赤ちゃんの湿疹の原因

赤ちゃんの湿疹の原因は出生後から3ヵ月は皮脂の影響で、3か月以降は汗や乾燥などで湿疹の原因になったりします。
肌の角質層は有害物質の侵入を防ぐ役割がありますが、まだまだ赤ちゃんの肌は成長過程です。赤ちゃんの発疹が出来やすい原因は大きく分けて4つあります。

1.出生後の赤ちゃんは皮脂と汗が盛んな時期

出生後はまだお母さんからもらった女性ホルモンの影響で皮脂や汗が盛んにでます。盛んに出るのは良い事ですが、赤ちゃんの毛穴は小さいので小さい毛穴が詰まったりすることで湿疹ができやすくなります。

2.皮脂の分泌の減少による乾燥

出生後から盛んになっていた皮脂と汗がひと段落する影響で次に起きるのは乾燥です。乾燥に耐えられない状況が続くと発疹が出来ます。乾燥しやすい冬の時期と夏は冷房による乾燥に注意が必要です。

3.汗や口のミルクの汚れ

汗はかいたらしっかりガーゼなどでしっかり汗を拭きとってあげましょう。洗濯は大変ですが、汗をかなりかいていたり、服が汚れてしまったら無難に変えてあげるべきです。赤ちゃんの肌はまだまだ菌が付きやすいので、汚れたらすぐに変えてあげる方がベストです。
ミルクの飲み零しが首筋などに行くと、中々気が付かずに放置してしまいがちです。ミルクの飲み零しを見つけてしっかり拭いてあげましょう。

4.ベビーローションの洗い残し

沐浴の際にベビーローションが残っていたりするので、沐浴の最後にかけ湯をする事が大事です。
洗い残しは肌トラブルの原因となるので、ゆっくり丁寧に洗ってあげてください。

赤ちゃんの湿疹のケア

赤ちゃんは肌がまだしっかりと成長していないので、ちょっとしたことであっても肌トラブルが起きやすい状態です。
ケアを怠らない事が大事で、ごく当たり前の事が赤ちゃんの湿疹を防ぐ対策になります。

1.清潔を保つ

清潔を保つことが一番大事なことです。汚れをリフレッシュする一番効果のあるのが「お風呂」です。お風呂に入れる際に赤ちゃん用せっけんなどで首筋や脇の下や手足の関節など汚れが溜まりやすいのでしっかり洗ってあげましょう。特に顔の部分はさっと拭くだけではなく、赤ちゃん石鹸を細かく泡立てて、おでことほっぺをさっと洗ってすぐにガーゼで拭きとってあげてください。赤ちゃん用せっけんなどが目や口に入るのは怖いですが、入っても安心できる製品になっています。
顔の部分に発疹が出来やすいのでしっかり洗って清潔を保ってください。体を洗い終えたら最後のかけ湯です。かけ湯をしなくても大丈夫ですが、ほんのひと手間料理が美味しくなるのと一緒で、ほんのひと手間で赤ちゃんの肌トラブルを防ぐ事ができるので、かけ湯はしっかりやりましょう。

2.着替えを小まめに変える

赤ちゃんは体温調節が苦手なので、興奮したり、泣くと一気に体温が上がることがあります。体温が上がる事で汗をかきます。その汗を放置している体を冷やして風邪を引きやすくなったり、汗疹になりやすくなります。
服を着替えさせるのは目安はだいたい3着ほどです。朝起きた時に着替え、お昼、お風呂の時などパターンを決めて着替えると服の着替えがスムーズにいきます。

3.保湿すること

赤ちゃんの肌はまだまだ弱い状態です。お風呂上がりの赤ちゃんの肌の潤いを保つためにベビーローションを塗るのが一番です。必要かどうかより、赤ちゃんの肌を守るためにはしてあげるのが良いでしょう。
赤ちゃんの肌はプニプニでスベスベですが実は水分はあまり含む事が出来ません。ちょっとした事ですぐに乾燥してしまいます。
夏は冷房、冬は暖房による乾燥など赤ちゃんの肌は乾燥と戦うためにはまだまだ難しい所です。乾燥が続くとひどい肌荒れが起きてしまいます。お風呂上りに赤ちゃんの肌を守るために乾燥させないために赤ちゃんに合ったベビーローションで肌の保湿する事が大事です。

赤ちゃんの肌トラブル対策

4.おむつをこまめにチェック

おむつをしっかりチェックしてあげましょう。今のおむつは非常に優れています。おむつの中には、おしっこをすればおむつにある黄色のラインが青のラインに変化するのでおしっこをしたかどうかすぐにわかるようになっています(パンパースの場合)。
黄色のラインが半分以上が青になれば変えます。おむつを小まめに変える事で赤ちゃんの清潔を保つことが出来ます。うんちの場合は何も気にせず、臭いですぐにわかるのでうんちが出ればすぐに変えてあげましょう。

5.赤ちゃんに触れる前に手洗い・うがい

赤ちゃんに触れ合う前に必ず手洗い・うがいをしてください。特にパパは外から菌を持ち帰る事が多いです。大人のパパが大丈夫でも赤ちゃんに取っては重大な悪影響を及ぼす菌がいっぱいあります。まだまだ免疫機能が弱いので、赤ちゃんの清潔を保つのも大事ですが、それに合わせてパパとママの清潔を保つ事も忘れないでください。