コソダテノート

コソダテノートについて、はじめての出産・育児をするパパとママと赤ちゃんのための参考になるノート。


子育てノート

コソダテノートについて、はじめての出産・育児をするパパとママと赤ちゃんのための参考になるノート。

「赤ちゃんの肌トラブル!汗疹の原因と汗疹ケア方法」

赤ちゃんの肌トラブル!汗疹の原因と汗疹ケア方法

赤ちゃんの肌トラブルの一つとして「汗疹-あせも-」があります。赤ちゃんは体温調節が未熟なのでちょっとした温度の変化を受けやすい状態です。
汗をかく赤ちゃんを放っておくと汗疹の原因になります。汗疹になる原因とケアを理解し、赤ちゃんの肌トラブルを減少させましょう。

汗疹の症状

赤ちゃんは、汗の出る汗腺の出口の穴が小さいため、汗でつまってしまいます。その影響で不衛生になり、水ぶくれが生じたり、炎症を起こして、かゆみを伴う赤い斑点ができます。
汗を放置すると汗で汗腺つまってしまい、不衛生になることで炎症を起こしやすい状況になります。
汗疹の症状としてはかゆみ、痛みがあります。重度になると体がだるくなり、汗をかきにくくなるので熱を逃がすことが出来ないため体温がどんどん上がり、脱水症状になる可能性があります。汗疹をしっかり理解し、予防と早めにケアをしてあげる事が大切です。

大人と赤ちゃんの汗について

汗腺の数というのは大人も乳幼児もほぼ同じ。つまり、乳幼児の場合は小さな面積に汗腺が密集しているため汗をたくさんかくのです。
「あせも」はなぜなるの?どう対処する?|教えて薬剤師さん|ヒフノコトサイト|田辺三菱製薬

大人は汗を拭いたり、肌ケアをするためにシートやタオルで拭いたりしますが、赤ちゃんは自分で汗のケアをする事ができません。ママとパパが汗を見つけたりすると拭いてあげたり、服を着替えさせてください。室内であれば、暑すぎない温度を保つのと長時間の外出を控えましょう。
汗疹や湿疹は軽いからといって、放置していると何かのきっかけで悪化する可能性があります。悪化してから中々改善しないようであれば小児科のある病院で診てもらうのが良いでしょう。

汗疹の原因

汗疹の原因は名前から見て分かる通りで「汗」が原因による細菌です。汗が肌に着くことで「表皮ブドウ球菌」という細菌が繁殖する事によって汗疹の発生の要因となります。

徳島大学医学部と産学共同で研究しました。その結果、多量に発生する汗内成分により表皮ブドウ球菌が急増し、あせも発症の要因となることを解明しました。
引用元:
http://www.unicharm.co.jp/ir/pdfs/filing/200703b/0703_02.pdf

赤ちゃんの内部は新陳代謝が活発で、どんどん成長しています。細胞がどんどん成長しているので、大人に比べて赤ちゃんの体温は高い方です。体温が高い分、汗をかきやすく、体温調節が上手ではないので環境や着ている服によっては汗をかき続ける事があります。

汗疹になりやすい場所は、頭、額、首、肘の内側、脚の付け根やお尻、膝の裏側などの汗が乾きにくい場所に汗疹になります。汗疹は汗をしっかり拭くことが大事なので大人にとっては簡単ですが、赤ちゃんは自分ではケアできないので、ママとパパがしっかり赤ちゃんのための汗を拭いてあげ、肌を清潔に保ってあげる事が大事になります。

汗疹になりやすい部分トップ3

大人より基礎代謝が活発な赤ちゃんは汗っかきです。汗っかきで大人より暑いと感じやすいですが、自分で対処する事が出来ません。ママとパパがしっかり様子を見てあげる事が大事です。
汗疹が出来やすいトップ3は以下の通りです。

1位:お尻・腰

1位はやはりおむつをしている部分のお尻と腰回りです。特に腰回りのギャザー部分が汗をかきやすく、一番出来やすい場所かもしれません。

2位:背中

常に赤ちゃんは仰向けで寝転んでいるので、汗をかいても乾きにくい部分の場所が背中です。出来る事なら適度に背中をガーゼなどで拭いてあげると汗疹対策になりますね。

3位:首・頭

首回りや頭は良く汗疹になりやすい部分ですね。脂肪に包まれた首あたりは、汗が染みこんだり、埃が溜まったりするので、細菌が入りやすい部分になります。

汗疹のケアについて

汗疹は他の肌トラブルと同様にお風呂でしっかり洗い、清潔に保つ事が肌トラブルのケア方法となります。そして汗をしっかりケアするために通気性のよい衣類を着せてあげてください。

赤ちゃんの肌はすぐに影響を受けるので小まめにケアしてあげる事が大事です。汗をかいたら拭いてあげたり、着替えを小まめにしてあげてください。
お風呂では、赤ちゃん用石鹸の洗い残しが無いようにしっかりかけ湯をする事が大事です。お風呂上りに赤ちゃんの肌を保湿させるためにベビーローションを毎日塗って挙げましょう。
汗疹にならいため、しっかりケアをする事で予防になります。もし汗疹になってしまったら、赤ちゃん用の汗疹用の塗り薬でかゆみを抑えてあげてください。かゆみがあると掻き毟って更に雑菌が入るようになるので、塗り薬でしっかり対処するようにしてください。
症状がひどいと思うならすぐにでも病院にいくようにしてください。

赤ちゃんの衣類は大人より1枚少なくても良い

赤ちゃんは毎日成長しているので、体の細胞が活発です。細胞が活発の為どんどん熱を発しています。

冬は寒いので風邪を引かないようモコモコの服を着せてしまいますが、赤ちゃんを良く見てください。真っ赤な顔をして服を脱がすとモワァッと熱気が舞い上がるぐらい熱い場合があります。

赤ちゃんは常に体温は高いので、服を着せて汗をかいていないチェックしてから調節してあげると良いでしょう。

おむつをこまめに変える

汗による細菌が繁殖する事で汗疹になります。特におむつは、汗をかきやすく、おしっこやうんちをこまめに変えないと雑菌がすぐに繁殖しやすい環境になります。

更に盲点なのが、夏の暑い時期はウェストギャザーがなど汗をかきやすくなるので、おしっこやうんちがなくても衣服同様に汗をかいたら替えてあげましょう。

汗疹の予防は汗をかいたままにしない事が一番です。清潔を心掛け、しっかりママとパパが赤ちゃんの肌を守ってあげてください。