コソダテノート

コソダテノートについて、はじめての出産・育児をするパパとママと赤ちゃんのための参考になるノート。


子育てノート

コソダテノートについて、はじめての出産・育児をするパパとママと赤ちゃんのための参考になるノート。

子供との休日の過ごし方を考える

手足口病の潜伏期間・感染経路・感染期間に食べてくれた食べ物一覧

今週のお題「休日の過ごし方」
はてなブログには、お題スロットというものがあり、ちょうど上記の「休日の過ごし方」があったので、少しアレンジして子供と親が楽しむ休日の過ごし方」を書きたいと思います。

休日に接する子供との時間を大切にする

私の家は共働きなので、平日の日中こどもは保育園で過ごしています。保育園を行くのが毎日楽しみで親として嬉しいのですが、平日は朝と夜の短い時間しか接する事ができていません。

そのため、休日は必ず家族で外に出るようにしています。平日接する事ができないため、「休日を子供としっかり接する時間を大切にする」しています。
休日は仕事の疲れを癒すためにゆっくりしたいとう過去の習慣がありますが、休日こそヘトヘトになるぐらい子供と遊ぶ方が逆に疲れが取れ、ストレスの解消になり、運動もできます。子供と接する事はメリットしかありません。

休日子供と接する休日の過ごし方をまとめました。

1.保育園のイベントに全て参加

保育園の系列に専門学校があり、その専門学校で学生たちがいろいろな催し物や保育園の先生たちが劇や歌を歌うイベントがありました。
私自身イベントや人と触れ合うのをあまり好まないのとゆっくりしたい派ですが、「我が子は喜んでくれるだろうな~」と思い、行ってみると案の定子供は大喜び。普段あまり見れない満足して楽しい子供の笑顔を見ただけで嬉しくて元気になりました。

そのことから保育園のイベントには全て参加するようにしています。バザーがあれば全部買う勢い明るくしているので他の子供の親御さんと仲良くする事ができて子供ができてから休日が充実しています。

2.公園で遊んでから外食

定番の子供と一緒に行く「公園」。保育園で公園でよく遊んでいるというのは聞いていました。滑り台に近づくと自分でよじ登り、自分で滑り台を滑り出しました。1歳の子が自分で滑り台をすべったので嬉しくてスマホの写真を撮り続けていました。 子供も嬉しくなり、勢いよく滑り台を滑ると後頭部をぶつけ、姿勢制御ができず滑り台から飛び跳ねてそのまま土にダイビングして大泣き。公園に行くたびに子供の新しい発見があるので毎週朝ごはんを食べたら公園に行っています。

雨の日のイオンモール

雨の日は外にでにくい状態。屋内で遊べて親も楽しい所と言えば・・・・そうイオンモール。イオンモールは子供が遊べる場所、食べる場所が全て揃っているので雨の日こそイオン・・と意気揚々と行くとみな同じ考えて子連れがわんさか。

家の近くにあるイオンモールに感謝しつつ、欲しい物をちゃっかり買って家族みんなが笑顔。

おもちゃ王国にいく

おもちゃ王国は子供にとって最高の楽園です。リカちゃん人形や子供が遊べる知育おもちゃに大量のままごとセット。激しく遊ぶ子供。
お昼寝の時間におもちゃ王国の帰りの車で発進後30秒で寝た我が子。あまりにも楽しすぎて動きすぎた反動でヘトヘトになった我が子。お昼寝がスムーズにできたので非常にありがたい。

次に行くときは、近くのホテルに泊まり、2日間徹底して遊びつくしてもらうと計画中。

水族館・動物園にいく

水族館や動物園。子供が覚えていないのであまり頻繁に行っても分からないかなと思っていましたが、認識が甘かったです。子供は日々成長しているので水族館や動物園に行く旅に笑顔が見れます。
そして一番嬉しかったのは、絵本の中にいるゾウさんやオサルさんを見つけて「あっ!あっー!」と指をさしていました。水族館では亀を指さしたりといく旅に新しい発見と子どもに良い刺激を与えられています。子供の新しい発見と成長を見ているだけでまたまた元気を貰えるので子育ては「しんどい」や「つかれる」といった事を吹っ飛ばす楽しみが多数あります。

定番の子供と過ごす休日まとめ

定番中の定番の子供と過ごす休日です。子供のために休日は必ず「動く」といった事をしていますが、逆にスタミナも付き、親自身もパワーアップできるので仕事にも活かせます。
休日は子供と接する時間は子供の成長だけではなく、親も一緒に成長できる貴重で笑顔溢れる1日になるので子供がいる家庭は是非1日は外に出て遊びましょう。